Be correct.

01

経営統括部 アソシエイト
米林 優里Yonebayashi Yuri

  • 日々の研鑽が
    薬局の安心感につながる
    世の中には様々な情報が溢れかえっています。真偽のわからない健康法や、特定の薬に関するうわさなどもその一つ。何が本当で、何が間違っているのか?正しい情報がわからない時代だからこそ、薬局を運営するものは高い倫理観の下、利用者様の健康を守るために、正確な情報を提供する「薬の専門家」であるべきだと感じています。私自身、薬剤師ではありませんが、ともに働くグランファルマの薬剤師は、医師の処方意図を正確に見極めるために、処方検討会をはじめとする社内・外の研修会、勉強会に参加し、日々の学習を怠りません。こういった努力の積み重ねこそがプロフェッショナルとしての第一歩だと言えます。どんなに一流のレシピがあったとしてもお客様を本当に感動させることができるかは、料理人の腕次第であるように、医師の処方のもとに薬を調剤する薬剤師の知識や腕次第で利用者様の満足度は変わってくると思います。
    薬剤師の日々の研鑽こそ、薬局の表面には出てこない、大きな安心感にもつながっているのではないでしょうか。
  • 変化の時代に対応する
    多元的な組織構成へ
    利用者様のことを一番に考え、薬剤師が絶えずプロフェッショナルとして成長できる環境を作り上げるために。私たちは、組織体制に関しても、日々改革を行っています。一例として、各企業でこれまで当たり前だと思われていたピラミッド型の一元的な組織を廃止し、発生した課題に柔軟かつ正確に対応するためのアソシエイトと呼ばれる役職を設け、多元的組織への変化を試みました。これは、インターネットやソーシャルメディアの普及によって世界中の人々や情報にコンタクトをとることが容易になり、これまでの経験だけでは解決できない、多くの課題に直面したことが組織改革の背景にあります。50人のアソシエイトは薬剤師業務のサポートや、社内の基幹業務に従事し、あらゆる課題に対してその都度プロジェクトリーダーを選定し柔軟で小規模なチームを形成し課題解決にあたります。これにより日々の薬剤師業務における課題を、迅速かつ、前例にとらわれない斬新なアイデアで解決することが可能となりました。